清風書道
書道教育の清風会
月々700円の受講料(月換算、外税)
書道通信教育講座
     →資料請求
最短1年半で書道師範の資格を取得可能な
全国書道教授資格認定試験 →資料請求
トップ書道教室書道通信教育講座書道資格認定試験書道教育講座書道手本サイトマップご案内書道セット
書道教育の清風会 階層を開く を押すと 階層を閉じる になり下の階層を開きます
階層を閉じる を押すと 階層を開く になり下の階層を閉じます
書道教育の清風会
書道教育の清風会 階層を閉じる 階層をすべて開く階層をすべて開く
ご案内役員教育システム 階層を開く解説/講座 階層を閉じるお知らせ 階層を開く通信販売 階層を開く資料請求
筆順の解説 階層を開く中級課題 階層を開く漢詩作詩講座 階層を閉じる
1011121314151617
マップトップ > 書道教育の清風会 > 解説/講座 > 漢詩作詩講座 > 13
漢詩作詩講座 その13
漢詩作詩講座
その1
その2
その3
その4
その5
その6
その7
その8
その9
その10
その11
その12
その13
その14
その15
その16
その17

この漢詩作詩講座は、たいへんやさしい作詩の方法を示していますが、それでも、なかなか、一つの詩を完成することは、難しいという話を聞きます。

そこで、超初心者のために、このスペースを設けました。

まず、自分が全くの初心者だと自認する人には、次のことをしてみてください。

一つ目は、作詩学習用の「ノート」を用意します。この「ノート」には、何を書き込んでも好いのですが、必ず、各頁の上の欄外に日時を記入しておきましょう。後で、参照できるようにするためです。

二つ目は、平仄の4つのパターンを暗記してください。

A→□□□○●  →平仄脚という
B→□□□●○  →仄平脚という
C→□□□●●  →仄仄脚という
D→□□□○○  →平平脚という

上記のABCDの4つのパターンは、下(右)2字で定ります。これによって、上(左)4字は、自然に次のようにきまります。

A→●●○〔○●〕 →平仄脚という
B→○○●〔●○〕 →仄平脚という
C→○○○〔●●〕 →仄仄脚という
D→●●●〔○○〕 →平平脚という

この4パターンの組み合わせにより、幾つかの平仄式ができます。五言絶句は、Aではじまる「A起式」とCで始まる「C起式」の2種類しかありません。いまは、「A起式」だけを覚えましょう。

A起式
起句●● ○○●(A)
承句○○ ●●◎(B)
転句○○ ○●●(C)
結句●● ●○◎(D)

さて、今回は、『起句』をつくることを勉強しましょう。

もう、すでにお判りと思いますが、「起句」の平仄は、パターンAですから、次のようになりますね!

起句「●● ○○●」(A)

例えば、最初の「●●」の2字に、前回の課題の「八月」を入れるとすると、次のようになりますね!

 「八月 ○○●」

今度は、下(右)の「○○●」に文字をいれます。文字は、「漢詩入門韻引辞典」から探します。

開く頁は、173頁です。どの頁も同じですが、2字句のところと3字句のところがあります。

3字句のところに「転句」と書いてあるところがありました。次のように載っています。ただし、縦書きですが、ここでは横書きに直してあります。

173頁です。

○○●   転句   ○●●
梧桐影        孤客恨
新秋感        愁底事
秋風起        驚節序
階前樹        梧桐墜
清涼夕        秋気到
秋聲動        秋色動
幽篁露        飄一葉

左が上です。平仄によって、上下(左右)に分けてあります。この左側が、「○○●」ですから、この中から選びます。

しかし、ただ、なんでも好い訳ではありません。日本語でも、同じです。

たとえば、「値段は」といったら、「高い」とか、「安い」といいますが、「白い」とか、「赤い」とはいいませんよね!

だから、「八月」といったら、次にいえる言葉は、限られてくるのです。

上記の語句から見てみましょう。

「梧桐影」は、「八月 梧桐ノ影」で、何とか使えますが、承句が問題です。

「新秋感」は、これも「八月 新秋ノ感」で、何とか使えますが、やはり、承句が問題でしょう。

「秋風起」は、どうでしょうか。「八月 秋風起(た)つ」で、これは、合いそうです。

「階前樹」は、「八月 階前ノ樹」で、起句そのものが、主語に成る形で、承句に問題を委ねる形になります。

「清涼夕」は、これは、「八月 清涼ノ夕」で問題ありません。

次は、「秋聲動」ですが、これも、「八月 秋声動く」で問題なしです。

最後の「幽篁露」は、「八月 幽篁ノ露」で、承句に委ねる形になりますが、大丈夫でしょう。

次のように、「起句」のデータベースができました。

「八月 梧桐影」
「八月 新秋感」
「八月 秋風起」
「八月 階前樹」
「八月 清涼夕」
「八月 秋声動」
「八月 幽篁露」

************************************************************
すぐに、詩を完成させられなくとも、このように、少しずつ、一歩一歩、学習していけば、必ず、詩は作れるようになれます。

取り敢えず、次の課題の「九月」に適した語句を、ノートに書き出して見てください。

書き出した語句には、「探した頁」と「平仄(○●)」を書くのを忘れないようにしましょう。このように、「起句」を20、30と沢山作って、ノートに記録することから始めましょう。

さらに、季節などに関係なく、多くの「起句」を作り、自分用の充実したデータベースを作ることをお勧めいたします。

ご健闘をお祈りします。

************************************************************
次の漢詩作詩講座その14は、「起句」と「承句」の関係についての講義です。ご期待下さい。


その14


本科書道教室銀座書道教室京橋書道教室東雨書道教室飛山書道教室吉団書道教室相互リンク集
トップ

(社)日本書作家協会新興書道展子供習字通信書作家展書道情報通信新古隷書道教育リンク集書道手本集
Copyright(c) SEIFUUKAIHONBU Inc. 2001-2008 All rights reserved.清風会本部/代表 書家 木村東道