清風書道
書道教育の清風会
月々700円の受講料(月換算、外税)
書道通信教育講座
     →資料請求
最短1年半で書道師範の資格を取得可能な
全国書道教授資格認定試験 →資料請求
トップ書道教室書道通信教育講座書道資格認定試験書道教育講座書道手本サイトマップご案内書道セット
書道教育の清風会 階層を開く を押すと 階層を閉じる になり下の階層を開きます
階層を閉じる を押すと 階層を開く になり下の階層を閉じます
書道教育の清風会
書道教育の清風会 階層を閉じる 階層をすべて開く階層をすべて開く
ご案内役員教育システム 階層を開く解説/講座 階層を閉じるお知らせ 階層を開く通信販売 階層を開く資料請求
筆順の解説 階層を開く中級課題 階層を開く漢詩作詩講座 階層を閉じる
1011121314151617
マップトップ > 書道教育の清風会 > 解説/講座 > 漢詩作詩講座 > 3
漢詩作詩講座 その3
漢詩作詩講座
その1
その2
その3
その4
その5
その6
その7
その8
その9
その10
その11
その12
その13
その14
その15
その16
その17

私たちは、漢詩作詩入門の超初心者ですので、あまり、高望みしないで勉強をしていきましょう。まず、簡単に前回の復習をしましょう。

まず、五言絶句は、20字です。5字を1句として4句あります。

1(起句)□□|□□□
2(承句)□□|□□□
3(転句)□□|□□□
4(結句)□□|□□□

上記のように、1行目を起句、2行目を承句、3行目を転句、4行目を結句といいます。普通、「1行目」といえば、「起句」のことで、「2行目」といえば、「承句」のことです。

また、句の切れ目は、上の2字と下の3字の間です。
かならず、□□と□□□に分かれます。読む時も、□□、□□□と
切って読みます。

*****************************************************

今回の学習は、「詩語集」の見方です。

詩語集には、いろいろとありますが、「漢詩入門韻引辞典」を例にして、説明します。以下「韻引辞典」といいます。

詩語集は、普通、墨場必携と同じように、春夏秋冬と雑に分類されいるようです。

開いてみますと、2字句と3字句に分かれています。
それぞれの句には、平仄の印(●○)が付けられています。

     12
2字句は、○○(平平)
     ○●(平仄) 
     ●●(仄仄)
     ●○(仄平) の4種類です。

    ※○(平)は平字、●(仄)は仄字。以下○●で説明し、
     「平仄」の文字は、省略します。 

     123
3字句は、●○○
     ●●○  が韻の部です。3の○が、韻字です。韻字は
          ◎で示すことがあります。
      
     ○○●
     ○●●  は転句の部類です。五言絶句のA起式(仄起
          式)では、○○●が1行目の下3字句に使い
          ます。○●●は、そのものずばり転句で、3
          行目の下3字句に使います。

●○◎と●●◎の各3字句の部は、同じ部の韻によって分けられています。韻字は◎のところです。(もちろん平字です)

例えば、「東」の韻は、上平韻の第1番目なので、普通は「1東」と称し、「東」の部の韻となります。

「韻引辞典」の99頁の春の部を見ると、下の方に横罫が引いてあります。この罫の下2段が、韻字の句です。

この韻字の句の、一段目の最初の句を見ると、「入清穹」があります。この「穹」字が「1東」の韻字なのです。以下1段2段とも、8句すべて「1東」の韻字の句となり、次から、「4支」の韻字の句が、1段3句、2段3句で、6句並んでいます。

分かりますでしょうか。

*****************************************************
以下、漢詩作詩講座 その4 に続きます。

本科書道教室銀座書道教室京橋書道教室東雨書道教室飛山書道教室吉団書道教室相互リンク集
トップ

(社)日本書作家協会新興書道展子供習字通信書作家展書道情報通信新古隷書道教育リンク集書道手本集
Copyright(c) SEIFUUKAIHONBU Inc. 2001-2008 All rights reserved.清風会本部/代表 書家 木村東道