清風書道
書道教育の清風会
月々700円の受講料(月換算、外税)
書道通信教育講座
     →資料請求
最短1年半で書道師範の資格を取得可能な
全国書道教授資格認定試験 →資料請求
トップ書道教室書道通信教育講座書道資格認定試験書道教育講座書道手本サイトマップご案内書道セット
書道教育の清風会 階層を開く を押すと 階層を閉じる になり下の階層を開きます
階層を閉じる を押すと 階層を開く になり下の階層を閉じます
書道教育の清風会
書道教育の清風会 階層を閉じる 階層をすべて開く階層をすべて開く
ご案内役員教育システム 階層を開く解説/講座 階層を閉じるお知らせ 階層を開く通信販売 階層を開く資料請求
筆順の解説 階層を開く中級課題 階層を開く漢詩作詩講座 階層を閉じる
1011121314151617
マップトップ > 書道教育の清風会 > 解説/講座 > 漢詩作詩講座 > 7
漢詩作詩講座 その7
漢詩作詩講座
その1
その2
その3
その4
その5
その6
その7
その8
その9
その10
その11
その12
その13
その14
その15
その16
その17

漢詩作詩講座〔その4〕までで、だいたいのことは述べたつもりですので、あとは「詩語集」を見ながら、単語を検索して、句を作って楽しんで下さい。

最初は、「起句」だけ沢山作って、ノートにストックして置き、次に、その中の一句に合わせて「承句」を作っていくようにすると好いでしょう。いくらでも出来ますよ!

『1・3・5(奇数)は、論ぜず』
これは、句中の奇数のところの字は、●○自由ということをいいます。

五言絶句の場合は、1字目と3字目は、●○自由。
七言絶句の場合は、1字目と3字目と5字目は、●○自由、ということがいわれています。

しかし、われわれ、作詩の超ウルトラ初心者としては、生意気なことをいわずに、例の平仄式に合わせて、言葉を選び、作詩していくことが大切だと思います。

いろいろな事を、覚えようとする好奇心を抑えて、とにかく作詩の実習に励むことです。そうしないと、理屈はいえても、詩は作れない、という結果になりかねませんから。

『二四不同・二六対』
これは、2字目と4字目は、平仄(●○)が同じではいけない。また、七言絶句の場合、2字目と6字目は、同じになっていなければいけない、ということです。

これも、われわれ作詩の超ウルトラ初心者には、例の平仄式に忠実に作詩していけばいいことで、余計なことを心配しないで、一詩でも多く作詩したほうがよいと思います。

『孤平・孤仄の禁』
これは、句中の平字または仄字が、孤立してはいけない、ことをいいます。特に、偶数のところの文字の孤平孤仄はダメということです。

〔例〕
×「○● ○○●」
×「●● ○●○」
などです。

しかし、平仄式に忠実に作っていけば、問題は起こりません。一応、覚えておく程度にして下さい。

『下三連の禁』
これは、下句の3字が、「●●●」や「○○○」のようになってはいけない、ことをいいます。

しかし、これも、平仄式に忠実に作っていれば、問題は起こりません。一応、覚えておく程度にして下さい。

以上で細かい規則は、一応、述べたつもりです。さぁ、どしどし、作詩してください。みなさんのご検討を切に祈ります。
************************************************************
次の課題は、
「九月 ○○●」でした。

その8

本科書道教室銀座書道教室京橋書道教室東雨書道教室飛山書道教室吉団書道教室相互リンク集
トップ

(社)日本書作家協会新興書道展子供習字通信書作家展書道情報通信新古隷書道教育リンク集書道手本集
Copyright(c) SEIFUUKAIHONBU Inc. 2001-2008 All rights reserved.清風会本部/代表 書家 木村東道