清風書道
書道教育の清風会
月々700円の受講料(月換算、外税)
書道通信教育講座
     →資料請求
最短1年半で書道師範の資格を取得可能な
全国書道教授資格認定試験 →資料請求
トップ書道教室書道通信教育講座書道資格認定試験書道教育講座書道手本サイトマップご案内書道セット
書道教育の清風会 階層を開く を押すと 階層を閉じる になり下の階層を開きます
階層を閉じる を押すと 階層を開く になり下の階層を閉じます
書道教育の清風会
書道教育の清風会 階層を閉じる 階層をすべて開く階層をすべて開く
ご案内役員教育システム 階層を開く解説/講座 階層を閉じるお知らせ 階層を開く通信販売 階層を開く資料請求
筆順の解説 階層を開く中級課題 階層を開く漢詩作詩講座 階層を閉じる
1011121314151617
マップトップ > 書道教育の清風会 > 解説/講座 > 漢詩作詩講座 > 12
漢詩作詩講座 その12
漢詩作詩講座
その1
その2
その3
その4
その5
その6
その7
その8
その9
その10
その11
その12
その13
その14
その15
その16
その17

漢詩作詩講座超ウルトラ初心者が作る今回の課題「九月」は、いよいよ、「結句」になりました。

*****************************************************************
課題「九月」は、すでに、起句と承句と転句が、完成しています。
今回は、「結句」です。では、始めましょう。

前回まで、完成した起句と承句と転句は、次のとおりです。

〔起句〕 九月 高臺上 「九月 高台の上、」
〔承句〕 梧桐 舞晩風 「梧桐 晩風に舞う。」
〔転句〕「鐘聲 何處寺」「鐘聲 何處(いずく)の寺ぞ、」
〔結句〕 ●● ●○◎

起承転結によって、言葉をつなげて、詩を作っていくためには、イメージや創造力が必要ですが、最も大事なことは、ストーリーを考えるロマンだと思います。

起句から始まり、承句で受けて、一つの文章に纏め、転句で、ストーリーを展開していく、そして、結句で詩のストーリーを完成させる。これは、最も短い小説といえるでしょう。

そこで、「九月」の起承転結の意味を考えてみましょう。

『九月に高台に登ってみると・・・・(起句)、夕暮れの景色のなかで、桐の葉が、風に吹かれて舞い上がる(承句)。鐘の音が聞こえているが、何処の寺の鐘の音だろうか(転句)、・・・・・・・・・・・・・(結句)。』

と、いうところで、「結句」待ちの状態です。
結句は、「●● ●○◎」で、上句「●●」2字と下句「●○◎」3字に別れます。

転句の時と同じように、この結句も下句「●○◎」から、選ぶと選び易いので、下句から探すことにしましょう。

承句の「○○●●◎」の「◎」では、『1東』の韻を使っていますので、この結句の「●○◎」の「◎」も『1東』の韻から探さなければなりません。(お分かり頂けましたでしょうか)

そこで、「漢詩入門韻引辞典」の詩語集の頁の、罫線の下の2段の中間に記載されている「東」のところに目を向けます。「東」は、各頁にあるとは限りませんが、頁をめくっていくと、結構、あるものです。そこで、幾つか選んでみました。次の通りです。

碧雲中(162頁)・深樹中(162頁)・茂林中(164頁)
月明中(164頁)・満秋叢(182頁)・映日紅(198頁)
夕陽紅(200頁)・暮雲中(202頁)・別天中(218頁)

以上総て3字目(中・叢・紅)は、「東」の韻です。

前記のストーリーに照らし合わせて見ると、暮雲中(202頁)がぴったりですので、これを使ってみましょう。

すると、

〔結句〕「●● 暮雲中」 「●● 暮雲の中」

となり、なかなか、調子がよさそうですね。

前回、作ったものを、合わせてみると

〔起句〕 九月 高臺上 「九月 高台の上、」
〔承句〕 梧桐 舞晩風 「梧桐 晩風に舞う。」
〔転句〕 鐘聲 何處寺 「鐘聲 何處(いずく)の寺ぞ、」
〔結句〕 ●● 暮雲中 「●● 暮雲の中」

となりました。

どうでしょうか。なんとか、出来そうですね。

さて、次は最後のキーポイントとなる結句の上句「●●」です。

今までは、すべて、「漢詩入門韻引辞典」の詩語集から選びましたが、ここは一つ、自分の考えで、句を作ってみましょう。

そこで、もう一度、詩のストーリーの流れを見てみましょう。

『九月に高台に登ってみると・・・・(起句)、夕暮れの景色のなかで、桐の葉が、風に吹かれて舞い上がる・・・(承句)。鐘の音が、聞こえているが、あの鐘は、何処の寺の鐘の音だろうか?(転
句)、暮雲の中で、□□□□□□□□!(結句)。』

ここで、●●の漢字2字に当てはまる内容は、何でしょうか?

次の幾つかの概念が考えられます。

(1)暮雲の中で、「(鐘の音)聞く」
(2)暮雲の中で、「(鐘の音)が響く」
(3)暮雲の中で、「独り考える」
(4)暮雲の中で、「独り憂う」
(5)暮雲の中で、「(鐘の音)が遠くに聞こえてくる」
(6)暮雲の中で、「(鐘の音)が静かに聞こえてくる」

などなどです。みなさんも考えれば、もっとよい、イメージが浮かぶでしょう。

ただ、「鐘の音」は、もう、転句で使われていますから、使うわけにはいきません。ストーリーの上から考えると、ここでは、「聞こえる」とか「音がする」とか「遠く」とか、そういう言葉が合うように思えます。

そこで、「聞」「聴」「響」の3字と、「静」「遠」の2字の平仄(○●)を調べてみますと、

「聞」1.平声(○)(聞く)、2.去声(●)(聞こえる)。
「聴」1.去声(●)(音をきく)、2.平声(○)(声をきく)

「聴」を使うか、「聞」を使うか、考えてみましたが、どちらも適当には思えません。とにかく「●●」でなければならないのです。

そこで、「響」を調べてみますと、幸い「●」でした。また、「遠」も「静」も「●」でしたので、

●●の上句の2字は、「遠く響く」として「遠響」が使えることが分かりました。

結句にあてはめて、入れてみますと、ストーリーとしては、

『九月に高台に登ってみると・・・・(起句)、夕暮れの景色のなかで、桐の葉が、風に吹かれて舞い上がる・・・(承句)。鐘の音が、聞こえているが、あの鐘は、何処の寺の鐘の音だろうか?(転句)、今、暮雲の中で、その鐘の音が、遠くから響いているのだ。(結句)』

完成した詩は、

〔起句〕 九月 高臺上   「九月 高台の上、」
〔承句〕 梧桐 舞晩風   「梧桐 晩風に舞う。」
〔転句〕 鐘聲 何處寺   「鐘聲 何處(いずく)の寺ぞ、」
〔結句〕 遠響 暮雲中   「遠く響く 暮雲の中」

完成、おめでとうございました。
****************************************************************
この講座は、すべて、プリントして、繰り返して読むことをお勧めします。
****************************************************************
暫くは、作詩に励んでください。課題は、しばらくのあいだ、小休止です。


その13


本科書道教室銀座書道教室京橋書道教室東雨書道教室飛山書道教室吉団書道教室相互リンク集
トップ

(社)日本書作家協会新興書道展子供習字通信書作家展書道情報通信新古隷書道教育リンク集書道手本集
Copyright(c) SEIFUUKAIHONBU Inc. 2001-2008 All rights reserved.清風会本部/代表 書家 木村東道